UTOPIA

誠意と真心で、快適な暮らしを創造する

株式会社ユートピア

〒852-8014
長崎県長崎市竹の久保町17-17
TEL:095-861-0840
FAX:095-861-0800

フリーダイヤル0120-39-1721

Image Alt

お知らせ

  /  お知らせ (Page 5)

1 簡単なキャロットケーキ ※キャロットとはにんじんのこと。 【材料 5〜6人分】 卵          3個(ボウルに卵を割り入れてよく混ぜる) キャロットジュース  2本(190ml入り) ホットケーキミックス(市販品) 600g 油        大さじ5 蜂蜜(メープルシロップ) 適量 【作り方】 ① 小さな器に卵を1個ずつ割ってボウルに移す。3個入れたら泡立て器で混ぜる。 ② キャロットジュースを加えて泡立て器で混ぜる。 ③ ホットケーキミックスを加えて、しゃもじで白い粉が見えなくなるまで混ぜる。 ④ ホットプレートを中火にして油を大さじ1入れる。ペーパーで薄く引く。 ⑤ ③の生地を好きな形を作りながら流す。そのまま2~3分焼いた後、表面にブツブツ と小さな穴が開いてきたら裏返して2~3分焼く。 ⑥ 蜂蜜やメープルシロップをかけていただく。   2 ミルクセーキ 【材料 4人分】 ★卵黄:2個分 ★練乳:100g ★牛乳:100ml ★バニラエッセンス:少々 卵白     2個分 砂糖    大さじ3 かき氷   200g 【作り方】 ① ミキサーに★印の材料を入れて撹拌する。 ② 大きなボウルに卵白を入れて泡だて器で固く泡立てる。砂糖を加えて泡立てる。 ③ ②に①を加えて混ぜ合わせる。かき氷を加えて混ぜる。器に盛りスプーンで食べる。   ※長崎人にとってミルクセーキは「飲み物」ではなく「食べ物」  牛乳と卵をベースにした「ミルクセーキ」は、飲み物ではなくスプーンですくって味わうフローズンデザート。その始まりは大正末期から昭和初期。猛暑と坂道のWパンチが襲う長崎の夏、その中を汗だくになって往来する人々を「一気に涼しくしてあげたい!」と、「ツル茶ン」という喫茶店の亭主がこのフローズン系「ミルクセーキ」を考案。それが大ブレイクし、長崎県全土へ一気に広がっていったといわれる。卵に砂糖、練乳(お店によってはレモン汁)をよく混ぜ、そこにカキ氷を加えてシャッシャともうひと混ぜすれば、甘さ控えめ、シャキシャキ食感の長崎オリジナル「ミルクセーキ」の出来上がり。

この度、パナソニックの「わが家 見なおし隊」の加盟店に登録いたしました。 この「わが家 見なおし隊」とは、パナソニックが応援する良質なリフォームネットワークとして運営されております。 当社もその一員として、リフォーム等の提案を行うことでさらなるサービスの提供に努めてまいります。

一人暮らしを始める人のための簡単メニュー カット野菜や三菜を使った料理アラカルト 【めん料理】 1 カット野菜と三菜盛り合わせうどん 【材料 1人分】 カット野菜(キャベツ・人参・レタス・レッドキャベツ) 1/3袋(30g) 三菜盛り合わせ(わらび・なめこ・水菜・えりんぎ茸)    1袋(80g) 薬味(ねぎ)                   1パック 鶏こま切れ肉     30g(そのまま使える) 茹でうどん     100g(そのまま使える) うどんスープ(調味済) 280ml 卵             1個 ゆずこしょう        少々 【作り方】 ① なべにうどんスープを入れ、鶏肉、三菜を加えて弱火で煮る。三菜に火が通ったらカット野菜を加える。 ② 沸騰したらうどんを加え、割った卵をなべの真ん中に静かに入れてふたをする。 ③ 卵が半熟になったらねぎを散らして出来上がり。好みでゆずこしょうや七味唐辛子を添える。 【和えもの】 1 カット野菜と塩昆布のごま和え 【材料 1人分】 カット野菜(キャベツ・人参・レタス・レッドキャベツ) 2/3袋(60g) 汐吹昆布         大さじ2(10g) 和え衣 マヨネーズ   大さじ2 すりごま(白) 大さじ2 【作り方】 ① カット野菜は一度水につけて耐熱皿に入れ、軽くラップをしえ600wで1分30秒加熱する。ザルに入れて冷水ですすぎ、水けをよく絞る。 ② ボウルにマヨネーズとすりごまを入れて混ぜる。(和え衣) ③ ②に絞った野菜と汐吹昆布を加えて混ぜる。器に盛る。

ペンネ入り白菜と豚肉の煮浸し                   【材料 4人分】 ペンネ   120g(茹でない) 豚ロース肉 100g(食べやすい大きさに切る) A 塩:少々  こしょう:少々  日本酒:大さじ1 B にんにく:1かけ  しょうが:10g(いずれもみじん切り) 水    カップ1/2(この水分が必要かどうかを14日に試作してみます) 白菜    200g(食べやすい大きさに切る) ニラ    1/2束(3cm長さに切る) もやし   100g(根は取らない) 生しいたけ  50g(洗わないで薄切り、石付きはみじん切り) にんじん   30g(皮をよく洗い、皮ごと細いせん切り) C 濃口しょう油:大さじ1  日本酒:大さじ1  塩:少々  こしょう:少々 ごま油:大さじ1 【作り方】 ① キャセロールの底にペンネを茹でないで一面に敷く。 ② ①に豚肉を広げてのせる。Aの調味料を振り、Bを散らす。 ③ ②に白菜、ニラ、もやし、生しいたけ、にんじんをのせて、Cの調味料とごま油をか ける。アルミホイルで落としぶたをする。 ④ キャセロールのふたをしてマルチグリルを設定する。⇒「煮る」「20分」 ⑤ 出来上がったら全体を混ぜ合わせる。そのまま卓上においていただく。 好みのソースやドレッシングでいただくことができる。 今回は、簡単に出来る「南蛮酢」を紹介する。 <南蛮酢の材料> 〇小ねぎ:適量(小口切り) 〇赤唐辛子:1本(種を除く) 〇酢:大さじ6  〇濃口しょう油:大さじ4  〇砂糖:大さじ3 <作り方> 〇印の材料を小なべに入れて、ひと煮立ちさせる。布巾でこして冷ます。 <コメント> キャセロールは、フランス語で「なべ」のことです。今回、ペンネは茹でないで白菜や もやしの水分で煮ることになります。なべに入れてグリルをセットするだけで出来上がる ので時間的にもゆとりができて楽しい時間を過ごすことができます。

鯨じゃが         【材料 4人分】 鯨の薄切り肉  200g(玉ねぎのすりおろし汁と濃口しょう油をかけて10分おく) ☆玉ねぎのおろし汁:大さじ1 ☆濃口しょう油:大さじ1 玉ねぎ       1個(2cm幅のくし形に切る) にんじん      1本(皮をよく洗い、皮ごと乱切り) じゃが芋      4個(皮をよく洗い、芽を除き、乱きり) 糸こんにゃく    1袋(茹でて、5~6cm長さに切る) 絹さや      50g(茹でる) 炒め油     大さじ1 A 出し汁:カップ3  日本酒:大さじ4 調味料 ★砂糖:大さじ2 ★本みりん:大さじ1 ★濃口しょう油:大さじ4 【作り方】 ① 食べやすい大きさに切った鯨肉に玉ねぎのおろし汁と濃口しょう油をかけて約10 くらいおいておく。 ② なべを熱くして炒め油を入れ、汁けを軽く拭き取った鯨肉を加えて炒める。鯨肉の 色が変わったら玉ねぎ、にんじん、じゃが芋を加えて炒める。 ③ ②の玉ねぎがしんなりしたら、Aの出し汁と酒を加える。煮立ったら中火で10分 くらい煮る。途中、アクを取る。 ④ 茹でた糸こんにゃくを入れ、砂糖と本みりんを加えて5分くらい煮る。 ⑤ 濃口しょう油を加えて再びふたをして中火で7~8分煮る。煮汁が1/3くらいにな ったら、なべを両手で持って返す。 ⑥ ほとんど煮汁がなくなったら強火にして、しゃもじで上下を混ぜながらつやを出す。 器に盛り、絹さやを散らして出来上がり。   郷土料理研究家脇山順子先生からのコメント 「長崎では鯨のことを「勇魚(いさな)」とも呼び、縁起のよい食材として昔から お正月やおめでたい席で好んで食べられます。 「クジラ一頭で七浦うるおす」という言葉があるように、鯨がもたらした巨万の富は、海岸の埋め立てなど大規模な公共事業に投じられました。 彼杵港に陸揚げされた鯨は、長崎街道経由で九州各地に出荷されたので彼杵は鯨で活気がありました。 今でも彼杵の鯨じゃが有名なんですよ。」