お知らせ

8/19(水)ココラボdeブラボークッキング~キャロットケーキ&ミルクセーキ~

2015年08月28日

20150807_120341 _storage_sdcard0_DCIM_Camera_1438917603967 _storage_sdcard0_DCIM_Camera_1438915627978

1 簡単なキャロットケーキ ※キャロットとはにんじんのこと。

【材料 5〜6人分】

卵          3個(ボウルに卵を割り入れてよく混ぜる)

キャロットジュース  2本(190ml入り)

ホットケーキミックス(市販品) 600g

油        大さじ5

蜂蜜(メープルシロップ) 適量

【作り方】

① 小さな器に卵を1個ずつ割ってボウルに移す。3個入れたら泡立て器で混ぜる。

② キャロットジュースを加えて泡立て器で混ぜる。

③ ホットケーキミックスを加えて、しゃもじで白い粉が見えなくなるまで混ぜる。

④ ホットプレートを中火にして油を大さじ1入れる。ペーパーで薄く引く。

⑤ ③の生地を好きな形を作りながら流す。そのまま2~3分焼いた後、表面にブツブツ

と小さな穴が開いてきたら裏返して2~3分焼く。

⑥ 蜂蜜やメープルシロップをかけていただく。

 

2 ミルクセーキ

【材料 4人分】

★卵黄:2個分 ★練乳:100g ★牛乳:100ml ★バニラエッセンス:少々

卵白     2個分

砂糖    大さじ3

かき氷   200g

【作り方】

① ミキサーに★印の材料を入れて撹拌する。

② 大きなボウルに卵白を入れて泡だて器で固く泡立てる。砂糖を加えて泡立てる。

③ ②に①を加えて混ぜ合わせる。かき氷を加えて混ぜる。器に盛りスプーンで食べる。

 

※長崎人にとってミルクセーキは「飲み物」ではなく「食べ物」

 牛乳と卵をベースにした「ミルクセーキ」は、飲み物ではなくスプーンですくって味わうフローズンデザート。その始まりは大正末期から昭和初期。猛暑と坂道のWパンチが襲う長崎の夏、その中を汗だくになって往来する人々を「一気に涼しくしてあげたい!」と、「ツル茶ン」という喫茶店の亭主がこのフローズン系「ミルクセーキ」を考案。それが大ブレイクし、長崎県全土へ一気に広がっていったといわれる。卵に砂糖、練乳(お店によってはレモン汁)をよく混ぜ、そこにカキ氷を加えてシャッシャともうひと混ぜすれば、甘さ控えめ、シャキシャキ食感の長崎オリジナル「ミルクセーキ」の出来上がり。

トップページへ ページ上部へ